医療費控除の還付金って実際どれくらい?計算方法を簡単に解説!

医療費控除の還付金って実際どれくらい?計算方法を簡単に解説!

どなたでも一度は風邪を引いたり、怪我をした経験があるでしょう。この場合、基本的には病院を受診することになります。個人クリニックから総合病院などを受診すれば医療費を支払う必要があります。この医療費は、ある条件を満たすと医療費控除が適応されて還付金を手に入れることが可能です。

その医療費控除の条件を、ここで簡単に解説をしていきましょう。医療費控除と申請をするのは、大きく分けて4ステップで構成をされています。まず対象となるのは年間の世帯年収の金額がカギを握っており、基本的には所得税率で役所は計算をなされます。年間の世帯年収が250万円をこえる場合は所得税率は4パーセントとなり、医療費控除の対象外となります。

この場合は医療施設で支払った医療費は全額自己負担となり、還付金を受け取ることはできません。反対に年収が250万円以下だと医療費控除の対象となります。所得税率が1.5パーセントしか掛からない低所得者世帯に分類をされるのが理由で、医療費控除の申請を年度末の確定申告時にできるわけです。ここから医療費控除額の計算方法を見ていくことにします。この医療費控除は一律の金額・パーセンテージというわけではないので、一人ひとりでしっかりと計算をしないといけません。

まず、医療費控除額を決定するんは世帯年収と所得税率の計算をすることになります。高齢者の世帯で年金のみしか支給をされていない場合は、非課税世帯となるので所得税率は一切関係はありません。この場合は、医療施設で支払った金額を年間の年金から差し引く計算をされており、上限を3万円にしてそれ以上を支払う必要はありません。つまり、病院で3万円以上を先に払っていた場合は、その金額を差し引いた分だけを還付金という形で受け取れるわけです。では年金以外で収入がある場合はどうなるのかというと、ここからは所得税のパーセンテージに変動をしていきます。

ご自身でこれらの計算方法を駆使できない場合は、税務署を訪れて詳しいレクチャーを受けることをおすすめしましょう。または税理士でも対応をなされており、医療明細書を持参すれば、代理として医療費控除の還付金の請求をしてくれます。必ず年度末の確定申告と同じ日に請求をしないと、対象者であっても還付金を受け取ることはできません。医療機関を受診したら必ず医療明細書を受け取り、大切に保管をして医療費控除に対応した手続きをしましょう。