生漢煎防風通聖散(ボウフウツウショウサン)が効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】生漢煎防風通聖散が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

生漢煎防風通聖散

生漢煎防風通聖散 ダイエットに効果的・痩せる飲み方

投稿日:

 

世間では日々様々なダイエット方法が紹介されています。

そんな中でもひと際注目を集めているのが『防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)』という漢方薬です。

防風通聖散は俗に言うダイエット商品ではなく、あくまでも医薬品です。

当然ながら、防風通聖散を飲めば誰でも無条件でダイエットが成功するというわけではありません。

 

せっかく飲むのであれば、漢方の効果がより実感できる飲み方を意識したいものです。

そこで今回は、防風通聖散のダイエット効果を高める飲み方のコツをご紹介したいと思います。

 

生漢煎(防風通聖散)はいつ飲む?ベストなタイミングって?

病院から処方される薬は食後に服用する場合が多いと思いますが、漢方薬は食前または食間に服用するのが一般的です。

食前の場合は食事の直前に服用し、食間の場合は前にとった食事から23時間後に服用します。

生漢煎 防風通聖散も同じで、朝昼晩の3回に分けて一回1包を水またはお湯と一緒に服用します。

 

防風通聖散の効果を高めるためには、胃腸の働きを改善して効率よく成分を吸収することが大切です。

そのため、できるだけ水やお湯など胃腸に負担をかけないものと一緒に服用するようにしましょう。

また、普段から早食いやダラダラ食べる癖がある方は、知らず知らずのうちに胃腸に負担をかけている可能性がありますので、改善が必要です。

 

生漢煎 防風通聖散 を飲みやすくするおすすめの方法

生漢煎 防風通聖散は顆粒タイプの生薬ですので、中には飲みづらいと感じる人もいるかもしれません。

服用する際には、まず始めにある程度の水を口に含んでおき、顆粒を口に入れたらできるだけ素早く呑み込むのがポイントです。

口の中の水に顆粒が浮いている段階で飲み込むようなイメージで服用しましょう。

舌に触れると苦みを感じてしまいますので、すぐに飲み込んでください。

コツを掴めば、苦みを少ししか感じずに飲むことができます。

 

また、飲んだ後は少しの間鼻呼吸を避けるようにすると、漢方の臭いを感じにくくなります。

それでも味が苦手だという人は、ゼリー状のコート剤で飲むという方法もおすすめです。

 

そして、どんな方法でも十分な量の常温水か白湯で飲むことを心掛けてください。

水の量が少ないと、顆粒が胃の中で溶けきれずに成分が十分に吸収されない可能性があります。

正しい飲み方をマスターして、生漢煎 防風通聖散の効果をしっかりと実感しましょう。

 

生漢煎(防風通聖散)の効果を上げる飲み方は?

夜間は胃腸を休ませる

防風通聖散の効果を高めるためには、胃腸の働きを良くして成分を効率よく吸収することが大切です。

そこで、夜間は胃腸を休ませるように心がけましょう。

食事と就寝の間の間隔は、最低でも2時間以上は空けてください。

 

夜遅くに食事を摂らなければならない場合は、昼食をメインにして夕食は脂質が多いものは控えましょう。

また、早食いやダラダラ食べる癖がある人も要注意です。

知らず知らずのうちに、胃腸に負担をかけている可能性があります。

 

運動で防風通聖散の効果を高める

運動は、防風通聖散の効果を高めるという視点からもとても重要です。

湿度が高い気候や、運動不足による筋肉量の少なさから、日本人は血流が滞りがちです。

普段の生活に運動を取り入れて、血流を改善しましょう。

血流が改善されることで、防風通聖散の効果を高めることができます。

 

「運動する時間がない」「運動が苦手で続く気がしない」という人もいるかもしれませんが、ジム通いをするなど激しい運動を取り入れる必要はありません。

運動を取り入れる上で大切なのは、1回あたりの運動量よりも継続して運動を行うことです。

エスカレーターの代わりに階段を使うといった些細なことでも十分です。

身の回りでできることから始めてみてください。

 

消費カロリーと摂取カロリーのバランスをとる

どんなダイエット方法であっても、決して忘れてはいけない大原則があります。

それは、『摂取カロリーが消費カロリーを上回ってはいけない』ということです。

摂取カロリーは飲食によって体内に取り込まれたカロリーのことですが、基礎代謝と運動によって消費される消費カロリーを摂取カロリーが上回ると誰でも太ります。

摂取カロリーは食生活を意識することでコントロールできますので、健康を考えた食生活を心掛けましょう。

 

また、消費カロリーと基礎代謝を知るには、活動量計を使うのが有効です。

簡単に自分の消費カロリーを知ることができますので、カロリーコントロールがしやすくなります。

 

生漢煎 防風通聖散は生理中に飲んでも平気?

防風通聖散は生理中に飲んでも問題ありません。

生理中や生理前後にむくみや便秘などに悩まされている人は、防風通聖散が役立ってくれることでしょう。

ただし、生理中にお腹が緩くなる体質の人は注意が必要です。

防風通聖散は便秘の改善に効果が期待できる一方で、お腹が緩いときに服用すると下痢になってしまうことがあります。

体調と相談しながら服用してくださいね。

 

この飲み方は効果半減!おすすめできない生漢煎 防風通聖散の飲み方

効果が出やすい飲み方がある一方で、効果が半減する飲み方もあります。

ここでは、生漢煎 防風通聖散を服用する際に避けるべき飲み方を、理由と併せて解説していきます。

 

水またはお湯以外での服用は注意

まず、生漢煎の飲み方の説明には「水またはお湯」と書いてあります。

防風通聖散は生薬をブレンドして作られていますので、しっかりと体内に吸収されないと効果が実感できません。

水やお湯以外で飲むと、他の成分が生漢煎の成分の吸収を阻害することがあるのです。

 

お茶やコーヒー、牛乳やジュースなどには砂糖やカフェインなどの添加物がたくさん入っていますので、避けるようにしてください。

特に牛乳と一緒に飲むと、下痢を起こす可能性が高くなりますので注意が必要です。

 

食後すぐに飲むのも控えよう

食後すぐに飲むのも控えましょう。

食後は食事からとった栄養を吸収するための大切な時間です。

そこに生漢煎が加わると、お互いの栄養や効果を打ち消してしまったり、胃腸に負担をかけやすくなってしまいます。

食事の栄養も生漢煎の成分も吸収できなくなってしまっては、元も子もありません。

最低でも食後2時間は間をあけて飲みましょう。

 

生漢煎の飲み方NG集【健康を損ねる危険性あり】

1日に大量に飲むのは絶対にダメ

痩せたいからと言って1日に大量に飲むのは絶対にやめましょう。

1日の摂取目安量3包以上を服用すると、高確率で下痢や胃痛が起こります。

たくさん飲んだからといって早く効果が出るわけではありません。

生漢煎は1日の量を守ってさえいれば十分に効果が期待できるる漢方薬ですので、地道に続けていくのが正しい飲み方です。

 

下剤と同時に服用しない

便秘に悩んでいる人の中には下剤を服用している人もいるかと思いますが、ダイエット目的で生漢煎を服用するのであれば、下剤の服用は中止しましょう。

生漢煎だけでも十分に便秘は解消することができます。

生漢煎と下剤と一緒に服用すると、下痢になったり胃が荒れてしまう危険性があります。

健康に害を及ぼさないためにも、併用は避けましょう。

生漢煎の説明にも下剤と同時に服用してはいけないと明記されていますので確認してみてください。

 

妊娠中や授乳中は避けよう

妊娠中や授乳中の人は、赤ちゃんのためにも自分のためにも生漢煎は飲まない方が賢明です。

特に妊娠中は赤ちゃんにしっかりと栄養を与えるためにも、栄養を摂ることを優先してください。

 

また、新生児は母乳から栄養を吸収しますが、母乳は血液で作られています。

生漢煎の成分は血液中に溶けるため、赤ちゃんにまで効果が及んでしまう可能性があります。

体を形成する時期には、痩せる漢方薬ではなく、食べ物からしっかりと栄養を摂ってください。

 

まとめ

防風通聖散を服用する際は、十分な量の水や白湯で飲みましょう。

また、漢方薬は漢方独特の苦みがあるため、飲みづらいと感じるかもしれません。

今回ご紹介した飲み方を実践すると比較的飲みやすくなると思いますので、ぜひ試してみてください。

用法用量を守って継続して服用することで、徐々に効果が実感できます。

防風通聖散を服用して、基礎代謝をアップしながら内側から脂肪を燃焼させましょう。



★生漢煎防風通聖散公式サイトはコチラ!★

-生漢煎防風通聖散
-,

Copyright© 【詐欺!】生漢煎防風通聖散が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.