生漢煎防風通聖散(ボウフウツウショウサン)が効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】生漢煎防風通聖散が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

生漢煎防風通聖散

生漢煎防風通聖散妊娠中・授乳中でも飲める?添加物・カフェインは大丈夫?

更新日:

妊娠中の体重増加や、出産後の産後太りの解消に悩んでいませんか?

 

  • 赤ちゃんがいるから思うように運動ができない
  • 母乳を出すために食事制限ができない

 

と頭を悩ませている人もいることでしょう。

中には、出産前後に防風通聖散の利用を検討されている人もいるかもしれません。

 

しかし、その一方で漢方薬の赤ちゃんへの影響が気になるという声も多く寄せられています。

そこで今回は、防風通聖散は妊娠中や授乳中、産後でも服用できるのかを調査してみました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

防風通聖散は妊娠中に飲んでもいいの?

防風通聖散は、便秘の治療などで妊婦に処方されることもある漢方薬(医薬品)です。

そういう意味では妊娠中に利用することもあると言えますが、実は「妊娠中は避けるべき」という意見も多く見られます。

賛否両論あるため、どっちが正しいの分からないという妊婦さんも多いでしょう。

 

ここでは、防風通聖散が妊娠中のママや胎児に与える影響について徹底解説していきます。

 

防風通聖散の妊娠中の服用は注意が必要

結論から述べると、防風通聖散は妊娠中はできるだけ服用しない方が良いです。

防風通聖散の添付文書(説明書のようなもの)の一節にも、『妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい』と明記されています。(※理由は後ほど詳しく解説します)

あくまでも『望ましい』ということですので、妊婦さんが頑固な便秘に悩んでいる場合には医師の判断により処方されることもあります。

原則としてはできるだけ服用しないほうが良いのですが、下記の考え方を参考に判断すると良いでしょう。

 

  • 医師が必要と判断して処方した → 服用してOK
  • 自己判断での購入 → なるべく避ける

 

もちろん、自己判断で服用したからといってタバコやお酒のような強いリスクが伴うわけではありません。

とはいえ、少しでもリスクがあるのであれば、万が一を考慮して自己判断での服用は避けた方が賢明だと言えます。

 

防風通聖散にはどんなリスクがあるの?

続いては、防風通聖散のリスクについて詳しく見ていきましょう。

 

リスクその1:大黄に含まれる【アントラキノン】

防風通聖散には18種類の生薬が配合されています。

それらの生薬の効果が絡み合って、肥満症や便秘、むくみなどへの効果が発揮されるわけです。

ただし、その18種類の中には『妊娠中は注意が必要』とされている『大黄(だいおう)』と呼ばれる生薬も配合されています。

大黄に含まれる成分は下記の通りです。(一部をご紹介しています。)

 

  • アントラキノン クリソファノール、エモジン、アロエエモジン、レイン、フィシオン
  • ビアントロン センノシドA,
  • タンニン ラタンニンⅠ,ⅡRGタンニン
  • その他 トラクリソン8-グルコシド、リンドレイン

 

大黄は、瀉下(しゃげ)作用、抗炎症・鎮痛作用や抗腎不全作用、抗菌活性作用などに効果が期待できます。

 

一方で、大黄に含まれているアントラキノンという成分には、子宮収縮作用や骨盤内蔵器の充血作用があることがわかっています。

妊娠していなければ子宮収縮作用があってもそれほどリスクはありません。

しかし、妊娠中に子宮収縮作用が起きるということは、それだけ赤ちゃんが早く産まれやすくなるということです。

場合によっては早流産のリスクが高まってしまいます。

よほどのことがない限りはアントラキノンが早流産を引き起こす可能性はほとんどありませんが、万が一を考えて自己判断での使用は避けたほうが良いでしょう。

 

リスクその2:麻黄に含まれる【エフェドリン】

防風通聖散には『麻黄(マオウ)』という生薬も配合されています。

麻黄にはエフェドリンと呼ばれるアルカロイドが含まれているのですが、実はこのエフェドリンは風邪薬やぜんそく治療薬などにも配合されています。

市販の風邪薬の成分一覧を見ると、エフェドリンと書かれていることが多いです。

 

そしてこのエフェドリンですが、妊娠中は『ややリスクがある』成分とされています。

アメリカのFDA(日本で言えば厚生労働省)の基準である「FDA薬剤胎児危険度分類基準」によると、カテゴリー「C」に分類されています。

カテゴリーの大まかな分類は下記を参考にしてください。

 

  • カテゴリーA 葉酸
  • カテゴリーB カフェイン、アセトアミノフェンなど
  • カテゴリーC エフェドリン、ロキソニン、デパスなど
  • カテゴリーD タバコ、お酒
  • カテゴリーX サリドマイド、ワーファリンなど

 

Aが安全でXが禁忌となるので、エフェドリンはちょうど中間に位置します。

カテゴリーDのタバコ、お酒に比べるとリスクは低いですが、カフェインよりも上のカテゴリーですので、全くリスクがないとは言い切れません。

風邪薬であれば数日間服用するだけなのであまり問題にはなりません。

しかし、防風通聖散の場合は服用期間が長くなりやすいため、自己判断で長期服用するのは避けた方が賢明です。

ただし、医師の診断、処方による場合ですと問題ありません。

 

また、この基準はあくまでも妊娠中のリスクの基準ですので、妊娠中でなければ、用法・用量を守っていれば防風通聖散の服用は問題ありません。

 

妊娠中に防風通聖散を服用してしまっていた場合は?

防風通聖散は薬局で誰でも購入できるため、妊娠中に知らずに服用してしまっていた、というケースも考えられます。

その場合、服用を一旦中止しましょう。

ただし、ややリスクがあるからといって出産を諦めてしまうほどではありません。

むしろ、心配になりすぎてストレスを溜めるほうが赤ちゃんに悪影響を与えてしまいますので、気にしすぎないようにしましょう。

心配な人はかかりつけ医に相談してください。

 

防風通聖散は授乳中に飲んでも良いの?赤ちゃんへの影響は?

ダイエット効果が期待できる防風通聖散ですが、授乳中でも飲めるのか気になりますよね。

「漢方薬を用いたダイエットであれば健康的に痩せられるのではないか」と考えている人も多いと思います。

また、産後の便秘の解消のために、便秘薬の代替として防風通聖散を選ぶ人もいるかもしれません。

ここでは、授乳中の防風通聖散の摂取について解説していきます。

 

授乳中の防風通聖散の摂取は基本的にNG

防風通聖散の効果や影響について、医師や薬剤師の声を集めてみました。

その結果、授乳中の方に関しては『防風通聖散は飲むべきではない』という意見がほとんどでした。

授乳中は防風通聖散は飲んではいけないようです。

では、なぜ安全と思われる漢方薬の防風通聖散を授乳中に飲んではいけないのでしょうか。

 

その理由は、母乳にあります。

医薬品は基本的に母乳に移行しやすく、母親が飲んだ量の3分の1から5分の1は母乳を通して赤ちゃんへ移ります。

そのため、防風通聖散を健康な状態の赤ちゃんへ飲ませてしまうという事になります。

授乳中の赤ちゃんは抵抗力が弱いため、体調を悪化させてしまう危険性があると考えられているのです。

 

実際に防風通聖散の注意書きにも『授乳中の方の服用はおやめください』と記載されています。

ただし、同じ漢方薬でも大黄が含まれていない別の漢方薬であれば飲んでも問題ないという商品もあります。

このあたりは配合している生薬によりますので、注意書きをしっかりと確認してから服用しましょう。

 

「漢方薬だから飲んでも大丈夫だろう」と高をくくらずに、赤ちゃんのことを第一に考えてください。

防風通聖散を飲むのは授乳が終わるまで我慢しましょう。

 

防風通聖散が授乳中の赤ちゃんに与える影響とは?

授乳中に防風通聖散を飲むと、赤ちゃんにはどんな影響が出てしまうのでしょうか。

まず、防風通聖散の効果のひとつに便秘の解消があります。

この便秘解消効果は、防風通聖散の中に含まれる大黄の働きによって腸が刺激されることで起こります。

この時点で、大黄の成分が母乳を通して赤ちゃんの体内に入ってしまいます。

そうすると、健康な赤ちゃんも排便を強制的に促されることになり、便がゆるくなったり下痢をすることがあります。

 

もちろん軽い症状で治まることが多いですが、これを引き金に体調不良を引き起こしてしまう可能性もゼロではありません。

ある程度成長した赤ちゃんならまだしも、生後3ヶ月のような生まれて間もない赤ちゃんであれば、その影響もより大きなものになります。

抵抗力が弱い時期には、なるべく体調を安定させて健やかに育つよう心掛けることが大切です。

赤ちゃんの体調を大事に思うのであれば、授乳中は防風通聖散の使用は控えるようにしてください。

 

まとめ

体に良いと言われている漢方薬ですが、妊娠中や授乳中の人は服用を避けた方が賢明だということが分かりました。

医師から処方された薬であれば問題ありませんが、赤ちゃんを健やかに育てるためにも、自己判断での服用は避けるようにしましょう。

防風通聖散の効果を知らずに服用していたという人は、念のためかかりつけ医に相談すると安心です。

出産・授乳を終えてから服用してくださいね。

 

*生漢煎防風通聖散は、防風通聖散の人気ランキング何位なの?

ランキング
【漢方ダイエット】防風通聖散おすすめランキング

脂肪を燃焼しやすくさせてダイエット効果がある漢方薬として有名な「防風通聖散」。 飲みやすいサプリタイプのものが増えて、中 ...

続きを見る

*生漢煎 防風通聖散を実際にどんな効果があるのか飲んでレビューしてみた!

レビュー
【口コミ体験談】生漢煎防風通聖散の6か月間ダイエットレビュー!実際の効果はあった?

  お腹のぽっこり、どうにかならないかな・・・ そんな時にふと思うのが「そうだ、ダイエットしよう」という決意。 ...

続きを見る

 

解約
生漢煎防風通聖散定期購入後すぐに解約できる?解約条件・解約方法とは?

『生漢煎 防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)』は、お腹の脂肪を減らす漢方薬として人気を集めている医薬部 ...

続きを見る

-生漢煎防風通聖散
-, , , ,

Copyright© 【詐欺!】生漢煎防風通聖散が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.