生漢煎防風通聖散(ボウフウツウショウサン)が効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】生漢煎防風通聖散が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

更年期障害の悩み

更年期障害にならない人なんているの!?その違いは?

更新日:

この頃、なんか疲れやすくてイライラしてる日が多いような・・眠りも浅くて体が重い・・。

もしかしてそれって更年期障害じゃないですか?

 

更年期とは、閉経の始まる前5年間と閉経後5年間の計10年間のことを言います。

更年期には、特に体に異常があるわけでもないのに、ほてりやめまい、頭痛、不眠、のぼせや全身倦怠感などの症状がでたり、不安感や気分の落ち込み、うつ気味になるなど精神面にも症状が出ることがあります。

更年期障害とは、これらの症状が日常生活にも支障をきたすようになった状態のことを言うんですね。

 

これらは、女性ホルモンの量が急激に少なくなることで起こるといわれています。

 

更年期症状が出るのは何歳ころから?

更年期とは閉経をはさんだ10年間のことを指すので、もちろん個人差はありますが、閉経する年の平均は52歳ころなので、症状が出始めるのは40代後半頃という人が多いと思います。

ただ、40代前半に閉経を迎える人もいるので、その場合は30代の後半から更年期症状が出るということになります。

 

閉経が近づくと卵巣機能が落ちてきて、月経の間が長く空いたり短くなるなどの月経不順になります。

そして段々と、女性ホルモンが卵巣から分泌される量が減ってきて、閉経するとほとんど分泌されなくなります。

この女性ホルモンの減少が、色々な体調不良を起こす原因になるんだそうですよ。

 

月経不順は閉経が近づいたサイン?

最後に月経になってから1年間月経がないと閉経したということになります。

そして、規則正しく月経が来ていたのにある日突然止まるという人も稀にいるようですが、多くの場合は、閉経が近づくと月経不順になります。

 

まずは月経周期が短くなり、量が減ってきます。

その辺りから一部は無排卵月経になることがあるようです。

その後月経は2、3カ月に1回になり、閉経します。

 

よく見られるパターンは上記のような感じですが、中にはホルモンの分泌量が安定しないために、子宮内膜が厚くなりすぎて大量出血をしてしまうということもあります。

いずれにせよ、これまで定期的にきていた月経の周期が乱れたり、量が不安定になるということは、閉経が近づいているサインだといえるようですね。

 

更年期の症状の出方は人によって違うの?

女性なら誰もが迎える更年期。

だけど、その更年期がとてもつらい人と、全然大丈夫!という人がいるのはなぜでしょう?

更年期のつらい人とそうでない人は何が違う?

人によって、”更年期障害になって本当につらい・・”という人と、”今わたし更年期のはずだけど、人から聞くような症状なんて全然ないな・・”という人がいます。

更年期が来ない人はいないはずなのに、生活に支障が出てしまうほどつらい人と全然つらくない人がいるのはどうしてなんでしょうか?

 

更年期症状が出る一番の原因は、女性ホルモンの量の減少であることは先ほど説明しましたね。

 

生まれた時には200万個ほどある卵胞 (卵子の元になる細胞) は、20代で20~30万個、30代半ばには5万個、40歳には5千個、50歳には千個と、40代からすごい勢いで減っていきます。

 

女性ホルモンのエストロゲンは卵胞から分泌されるため、卵胞の減少=エストロゲンの減少というわけなんです。

 

でも、女性ホルモンの減少はみんな同じはずですよね?

他の原因で考えられるとしたら、その人の性格や環境の違いということもあり得ます。

もともとネガティブな人や、仕事上での人間関係、パートナーとの関係があまりうまくいっていない人ほど、症状が重くなる傾向があるようです。

血流も関係してるって本当?

更年期症状の出方の違いには、卵巣の血流量の違いも関係しているのではないかと考えられています。

 

血液というのは、栄養や酸素を体に行き渡らせたり、老廃物の回収以外にも大事な役割があるんです。

それが、脳から出る ”ホルモンを分泌せよ” という信号を伝達することです。

 

つまり、血流が良い時はその信号がきちんと卵巣まで伝えられるのですが、血流が悪くなってしまうと、エストロゲンを分泌している卵巣内の卵胞まで信号が伝えられなくなってしまうんです。

 

もともと量自体が少なくなっているエストロゲンですが、さらに、分泌を促す信号が届かなくなることで急激にエストロゲンの分泌は少なくなってしまうということです。

 

それにより、更年期症状が強く出てしまうということなんですね。

 

血行不良がつらい更年期障害をもたらす

エストロゲンを分泌する卵胞の減少を食い止めることは出来ませんが、分泌を促す信号をきちんと届けることで、エストロゲンの減少の仕方を緩やかにすると、更年期障害は少し楽になりそうですね。

そのためには血行を良くすることが大事なようですが、なんで血流はすぐに悪くなってしまうんでしょうか?

血液の役割

血液は体中に張り巡らされており、全身の細胞に酸素や栄養を運びます。

さらに、老廃物を回収したり、ホルモンを伝達する、またホルモン分泌の信号を伝達するなど様々な重要な役割を担っています。

 

そのため、血流が悪くなると体の色々な所で不調が起こってしまいます。

しかも、血流はちょっとしたことで結構すぐに悪くなってしまうんですよね・・。

 

更年期障害に関りがある卵巣周りの血流というのも、その周辺の動脈が他の動脈よりもかなり細いために、もともと流れが弱く、ちょっとしたことで血流が悪くなってしまう場所なんです。

血流が悪くなる原因って?

血流が悪くなる原因は一つではありません。

ただ、その多くがいつもの生活習慣に関係しているようですよ。

食生活の乱れ

まず、冷たいものを食べすぎたり飲みすぎたりすると、体が冷えて血流が悪くなります。

体が温まるようなものを意識して食べることも大切ですね。

 

また、脂質や糖質の多いものばかり食べるのも、ドロドロ血液を作ってしまうことになるのでよくないですよ。

運動不足

血液を全身に巡らせる役割をしてくれているのは、心臓と筋肉です。

筋肉をよく動かすことで、血液は体中に行き渡るんですね。

そのため、デスクワークの人やいつも家で座っていることが多いなんて言う人はもちろん血液は滞りがちになってしまいますよね。

睡眠不足

全身に行き渡っている自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は体を活発にする働きをするため、血管を収縮させたり心拍数を上げたりします。

もう一つの副交感神経は、逆に、血管を拡張させたり心拍数を下げて体をリラックスさせる働きをするんです。

 

睡眠不足が続いてしまうと、長い時間交感神経が優位にたっている状態なので、血管が収縮して血流は悪くなってしまうというわけなんですね。

ストレス

ストレスが溜まっているというのはリラックスの反対側にある状態なので、交感神経が働きます。

さきほど説明した通り、交感神経が働ぎすぎると血管を収縮させてしまいます。

 

また、ストレスを感じた時に大量に分泌されるストレスホルモンも、血管を収縮させる働きがあるので、血管が狭くなり血流が悪くなってしまうんです。

 

血流が悪くなるとどんな症状がでる?

更年期の間はただでさえしんどいのに、血流が悪いと更年期の症状以外にも、体のいたるところで色々なトラブルが起こってしまいます。

体の冷え

血流が悪くなることで起こるトラブルの代表ともいえる体の冷え。

体が温かいのは、代謝で温められた血液が、全身をくまなく巡っているからなんですよ。

つまり、手先や足先がいつも冷たいという人は、そこまで血液が行き届いていないということになりますね。

 

血流が悪くなると細胞の新陳代謝もうまく行われなくなるので、体は熱が作れなくなり体温調節が出来なくなってしまうんです。

血液は冷えてしまうとドロドロした状態になってくるので、そんな血液が全身を巡ることで、さらに体が冷えてしまうという悪循環に陥ってしまうんです。

冷えはまた、太りやすい体質も作ってしまいますよ。

肌荒れ

血液は、体中に栄養を届ける働きもしているため、血液が行き渡らない部分は栄養不足になってしまいますよね。

さらに、ごみ収集車のように、体の老廃物を回収してくれる働きもしている血液が来なくなるということは、ごみ=老廃物が溜まっていってしまうということです。

 

栄養は来ないのに老廃物は溜まりっぱなしでは、ターンオーバーは乱れてしまいますよね。

すると、乾燥肌になったりくすみや湿疹が出来てしまうといった肌荒れを起こしてしまいます。

腰痛やこり

血流が悪くなると老廃物や疲労物質が溜まっていってしまいます。

また、酸素が届きにくくなることで、筋肉が酸欠になってしまうんです。

そんな中でも筋肉は動かないといけないので、負担がかかってしまい肩こりや腰痛になってしまうのです。

色々な病気に

血行不良というのは、これまで紹介してきた症状以外にも、本当にたくさんの病気を引き起こす原因になります。

 

血管に老廃物が蓄積されていくと、血管は狭くなり詰まりやすい状態になってしまいますよね。

そうすると、頭痛や不眠から、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞、認知症など・・他にもたくさんの命に関わるような病気のリスクを高めることになるんです。

 

どうやったら血流はよくなる?

つらい更年期障害や、先ほど見たような体の不調を引き起こさないためにも、血流をよくするということはとても重要なことですね。

でも、血流ってそんなに簡単に改善できるものなの?

どうやったら血流って良くなるものなんでしょうか?

食生活の見直し

食事で血流をよくするポイントは、温かいものと血液をサラサラにする食材です。

冷たいもので体を冷やさないように、日ごろから温かく、血流を促すようなものを摂るように心がけてください。

忙しいという人は、血流を促す漢方などを使うのもいいですね。

 

さらに、ドロドロ血液を作らないようにするには、青魚やポリフェノール類、納豆や昆布、ワカメなどぬめりのある食材、ビタミン類など血液をサラサラにしてくれる食材をバランスよく食べるのが効果的です。

 

また、水分不足も血液をドロドロにする原因になってしまうので、夏やスポーツをするときなど、汗をかく時には水分補給を忘れないようにしてください。

運動をする

筋肉をよく動かすと血流がよくなります。

また、運動をして体が温まることで血流量が増えるというメリットもあります。

 

女性は、男性に比べてもともと筋肉量が少ないんですが、実は、体の中で一番熱を産むのは筋肉なんです。

運動をして筋肉の量が増えると、その分だけ多くの熱が発生することになるので、血流も良くなりますよね。

 

無理にジム通いを始めたりする必要はありませんが、自転車で行っていた買い物に歩いて行ったり、たまにはウォーキングやランニングをしてみるなど、出来る範囲で体を動かすといいでしょう。

特にむくみが気になる人は、足元に降りてくる血液を心臓に戻すのに、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのが効果的ですよ。

マッサージやストレッチ

筋肉は、ずっと同じ姿勢でいたりして動かさないでいると、こわばったり硬くなってしまいます。

このことは血流を悪くする原因にもなってしまうため、マッサージやストレッチなどをして、筋肉を柔らかくすることが大切です。

 

筋肉を柔らかくするには、お風呂上りなどの体が温まっている時に行うのが特におすすめです。

冷えやすく凝りやすい肩や首、またふくらはぎなどを中心に行うといいですね。

体を温める

これまで見てきたことからも、冷えと血行不良は密接に関係していることは分かったと思います。

食事などで体の中から温めることもですが、体を冷やさないような服装を心がけるなど、外側からも温める工夫が必要です。

 

首、足首、手首という ”首” が名前に付く部分を温めると体全体が温まると言われますよね。

夏でも冷えを感じる人は、靴下はしっかり足首まで隠れる物を選んだり、リストバンドをするなどの工夫で体の温まり方が違ってきます。

 

そして、入浴はシャワーで済ませずに湯船に浸かるようにしましょう。

直接体を温めることにもなるし、お風呂でゆっくりリラックスすることで、副交感神経が働き血流がよくなりますよ。

ストレス解消

ストレスが溜まっていても気が付かないことってありますよね。

ストレスは血流を悪くする原因になるので、まずはストレスが溜まっていることに気が付かないといけません。

 

不安感が強い、イライラする、食欲がない、寝つきが悪くなったなどの症状に気が付いたときは、ストレスかもしれません。

のんびりする時間を確保する、睡眠をしっかりとる、自分の好きなことをするなどしてストレスをうまく解消しましょう。

 

まとめ

女性なら誰しも迎える更年期をなるべく楽に乗り切るためには、血流をよくすることが一つのカギになりそうですね。

血行を良くするためには、生活習慣を改めることが大切ですが、血流をよくする生薬の力を借りるという方法もあります。

 

更年期の症状には無理や頑張りすぎはよくありません。

使える物は使い頼れるものは頼って、少しでも楽に更年期を乗り越えられるといいですね!

 

*更年期障害にも効果絶大の防風通聖散の効果効能をチェックしよう!

必見!
防風通聖散の効果効能!効果を発揮する飲み方があります!

防風通聖散は、漢方の長い歴史の中でも古くから活用されている漢方薬です。 民間でも親しまれていますが、第2類医薬品に分類さ ...

続きを見る

-更年期障害の悩み

Copyright© 【詐欺!】生漢煎防風通聖散が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.